賢い糖分を控える努力からはじめてみませんか

糖分とはあなたにとって大敵ですか?

人によっては糖分は大敵であるという認識が強い人もいるかもしれませんね。確かにもしダイエットをあなたがしていたとすればそれは大敵と言えるかもしれません。糖分といっても色々な種類があります。私たちがよくイメージする糖分、それは甘いもの、お菓子、チョコレートやケーキといった印象が強いかもしれませんが、それ以外に主食として食べているご飯などにも、糖分は含まれているので、お菓子などだけではないのです。そして糖分の摂り過ぎ、これはよくありません。なぜよくないのかはだいたいはイメージが付くという人もいるかもしれませんが、摂取しすぎるとどうなるのか、なぜよくないのか、それについてもこのサイトでは詳しく紹介していきたいと思います。

 

しかし全く取らないというのもいけません。その場合には上手に摂取することが重要になりますが、上手に摂取する場合のとりかた、賢い糖分の取り方についてもここでは紹介していきます。ご飯や甘いものを食べると眠くなるという人が希にいらっしゃいますが、糖分と眠気は関係しているのでしょうか。糖分と眠気の関係についてもここでは紹介していきます。疲れた時などは脳が糖分を欲しがっている、そんな表現をすることもあるのですが、これは一体どういったことなのでしょうか。糖分が脳に与える影響、糖分と脳の関係についてもここでは考えていきましょう。糖分が不足することで力が出ないなどの自覚症状があるかもしれませんが、もっと深刻な病気や症状があらわれることもありますので注意が必要です。

ダイエットをする際に、糖分を控えるイメージを持っている人も多いのですが、糖分を全くやめてしまったのではこうした症状や病気を発症させることにつながりますので、全くやめるのではないということは覚えておいたほうがいいでしょう。当分ダイエットについてもここでは詳しく紹介していきます。糖分が肥満の原因になると誤解されがちですが、実は糖分だけが肥満の原因になることは無いのです。反対に今の時代はとてもストレスが溜まりやすい時代ですので、甘いものを食べることによってこうしたストレスに対して、心を落ち着かせる働きをしますので、糖分は実際のところ上手に使っていきたいですね。甘いものを食べ過ぎている人はもちろん過剰摂取ですが、甘いものだけではなく、日頃から食べている炭水化物にも含まれていることを覚えておきましょう。

糖分の取りすぎは注意

糖分の摂取すぎがよくないことであるという認識を持っている人はきっと多いと思います。しかし肥満症といった生活習慣病を引き起こすところまでは認識していないのではないでしょうか。単なる太ってしまうからという認識程度にとどまり、それが重大な病気や症状を引き起こすことは知らない人も多いかもしれません。疲れた時などは甘いものを食べればエネルギーがわいたり、また頑張ろうと思えたりするものです。これはなぜなのか、それはエネルギーとして、ブドウ糖が働いてくれるからなのです。しかしエネルギーにいくらなるからといっても摂取しすぎはよくありません。糖分が肥満につながる理由ですが、糖分は体の中に取り入れられるとすぐにブドウ糖や果糖になって、血液に流れます。血液の中のブドウ糖が体の組織に取り入れられるために必要なのはインスリンです。ブドウ糖は膵臓から分泌されるインスリンによって代謝が行われます。

そして最終的に水、二酸化炭素になるのですが、ここでもし代謝されなかったものはグリコーゲン、中性脂肪になり体に蓄積されることになります。ですから使いきれなかった、代謝されなかったものは体の中にどんどん蓄積されることになりそれが肥満になるので危険なのです。